女性vs男性!脱さらブロガーになるべきなのはどっち?

 

ども、ただぽん(@real_tadapon)です。

 

このサイトでは、「サラリーマンは、脱サラしてブロガーになろう」ということを主張していますが、

今回は、男女ではどちらがブロガーになるべきなのか?

そんなことを調べていきます!

 

サラリーマンの男女比について

そもそも、サラリーマンの男女比はご存知ですか?

 

2017年の総務省の労働力調査によると、

 

男性サラリーマンが2,957万人、女性サラリーマンが2、503万人

 

男の方が多いですね!

 

でも、そもそもの人口が男の方が多いってことかもしらないと、人口を調べてみると

 

男性が6,173万人、女性が6,513万人

 

これは、女性の方が若干多いですね。

 

このさえ、年齢は関係ないとして、ここから言えるのは、

 

男性サラリーマンの方が多い。ということですね。

 

そしてさらに、正規、非正規の比率を見てみましょう。

(正規は正社員のこと、非正規は契約社員とかアルバイトで期間の定めのある形で雇用されていることですね)

 

これについては、

男性が647万人、女性が1,389万人

 

これは大差をつけて、女性の方が多くなっていますね。

 

つまり、これらから言えるのは、

正社員として働いてのは男性が圧倒的に多い。

ということです。

 

言い換えると、稼ぎ頭は男性が多いということになります。

 

なぜブロガーは男性が多いのか?

そんな稼ぎ頭が、脱サラしてもし失敗でもしたら、家庭が崩壊してしまうんじゃないか?

という風に考えると、女性より男性の方が脱サラするリスクは高い。

 

そういう意味では、リスクの少ない女性の方が気軽にブログをはじめられそうですね。

 

が、ブロガーを見てると、なぜか男性の方が多いことに気づきます。

 

例えば、こちらのサイトにブログ飯な人のまとめがあるので見てみると

【総勢32名】ブログ飯している人はどれぐらい?月30万円以上稼いでいる有名ブロガーを全員紹介するぞ! | 田舎フリーランス養成講座
※2017/08/03追記済 どーも!小太りです。 皆さんは「プロブロガー」という職業を知っていますか? プロブロガーとは「ブログの売り上げのみ」で生計を立てているバケモノ達です。 特にブログ界隈はここ1年盛り上がっており、プロブロガーも増えました。 「半年で20万突破!」「売り上げ100万突破!」という記事を見ること...

ほとんどが男性です。

 

これはなぜか?

 

この理由については、1つは「成功への思い」です。

 

「え?思い?」

 

まぁちょっと聞いてください。

 

別の言い方でいうと「人生で何を達成したいか?」という質問をすると間違いなく男女で意見がわかれます。

 

女性の場合、「出産」「子育て」というのは女性であればだれでも経験してみたいことですよね?

男性の場合、「子育て」はできても「出産」はできません。

その分、重みが違います。

「人生で何を成し遂げたいか?」

という質問に女性の場合は「この出産」が間違いなく上位にくるんではないでしょうか?

 

一方、では男性は何か?

それは「仕事で成功すること」、これがかなりの上位にくる。

成功したい思いは女性よりも敏感にならざるを得ません。

 

この重みが、正社員で働くのは男性が多いことの結果につながり、

さらには脱サラしてブロガーで成功してる人は男性が多い理由につながっているんではないでしょうか。

 

脱さらブロガーになるべきはどちらか?

ここまで読まれた方は、もうおわかりですね。

 

そう、男性こそ脱サラし、ブロガーになるべきなんです。

 

ちなみにですが、女性はブロガーになるな!とかそういう話ではないです。

 

女性の方が、コミュニケーション力が男性より高いし、言語能力も高いので、面白い文章を書く素養には優れているはずです。

自分の能力を活かし、ブログで稼ぐ女性は素敵です☆

 

ここで言いたいのは、

脱サラのリスクにビビるなよ!てことです。

「仕事で成功したい!」という熱い思いを持てるのは、男性の方が多い。

だから、脱サラするのに迷ってるなら今すぐ脱サラし、リスクの低いブログを作成しよう!ということです。

 

なぜブロガーなのかは、こちらをご参考いただくとして

30代で脱サラ&嫁ブロックを回避して僕がブログを始めた理由
ただぽん(@real_tadapon)です。   突然ですが、サラリーマンの方!   脱サ…

 

ブロガーは少額で始められるからリスクが少ないからです。

 

もし脱サラに迷っていなるなら、明日の3連休で無料ブログの作成から始められてはいかがでしょうか?

それでは良い週末を。