30代で脱サラ&嫁ブロックを回避して僕がブログを始めた理由

ただぽん(@real_tadapon)です。

 

突然ですが、サラリーマンの方!

 

脱サラって、恐いですよね?

 

脱サラの話がでると決まって次のような展開に・・

 

「え、次の転職先決まってるの?」

「家賃、光熱費、ローン、遊ぶお金、支払はどうすんの?」

「独立?そんなのできるわけないじゃない?」

などなど、周りから不安と心配のプレッシャーがかかってきますよね?

 

周りからの総反対にあってるうちに、

「独立の資金はどうすれば・・・」

「そもそもどの分野でフリーになればいいのか?」

「収入の見通しが立たないのに自分には独立なんか無理なんじゃないか・・」

 

といった感じで、何かと理由をつけて、独立、フリーで働くという選択肢を捨て、またサラリーマンに戻る

 

フリー、っていうと字のごとく、「自由を手にする」と安易に考えがちなんですが、実は会社員になるよりしんどいこともかなりあります。

 

一番は「果てしなく打ち寄せてくる不安をどう乗り越えるか」です。

 

ただ、きちんと計画を立てれば脱サラも可能です。

 

もし、

脱サラしたいと思ってる方

脱サラしたけど、どうしていいかわからない方

 

今、僕がノーリスクで独立するためにやってることを紹介しますので、少しでも参考になり、独立の手助けになればうれしいです。

 

脱サラするまでの経緯(会社を辞めた理由)

と、その前に脱サラした理由を語らせてください。

 

僕は、従業員1万人規模の企業の基幹システム構築のエンジニアとなったのが社会人の始まりでした。

基幹システムって、会計管理、購買管理、在庫管理、生産管理、販売管理とか、工場や倉庫の製造や移動をリアルタイムで管理し、販売計画や売り上げ管理もできる巨大なシステムです。

 

壮大なシステムはとてもワクワクするもので、やりがいをもって働いていましたが、1日14時間、パソコンの前に張り付き、昼食とトイレ以外の休憩がない環境で、倒れてリタイアしていく40代、50代の先輩をみていて、この仕事は長くするものじゃないなと思いました。

(倒れていくっていっても、精神的にです。鬱とかそういった類はかなり多い業界なので)

 

それに、エンジニアって与えられた仕事をこなせばよく、楽といえば楽なのですが、一生懸命がんばっても、さぼっても報酬が一緒。

 

「がんばっても報酬が増えない。おもんねー!」

 

これが一番の辞めた原因でした。

 

それなら、インセンティブつきの営業職なら、やりがいも持てるんじゃないかと、転職しました。

 

テレアポを週20件とり、訪問は1日平均4件、1日めいいっぱい外回りをして、売り上げ1位もとりました。

 

けど、営業で売り上げた自分の数字からすると、もっと報酬をもらってもいいんじゃないか?という疑問がでてきます。

なんで1000万売り上げて、自分の給料が30万やねん!

ひどくないですか?

それが固定給料制というものなのですが。。

 

よく先輩が新人に自分の給料手取りの3倍は稼いで会社が払ってるのとトントンや!

というような話をしますが、

「じゃあ、4倍、5倍稼いだら、稼いだ分くれるんですか?」

といってもそうならないですよね。

「じゃあ偉そうにいうなや!」

となっちゃいます。

 

すいません、なんか愚痴っぽくなってしまって。

ここで言いたいのは、僕はこのころから「自分が生み出した価値に合う報酬を得たい」と思うようになったということです。

 

それで、会社に頼らず自分で何かできないか?と考え、リスクなく仕事をするにはインターネットだという結論にいたります。

 

けど、そこで、

 

「え、次の転職先決まってるの?」

「家賃、光熱費、ローン、遊ぶお金、支払はどうすんの?」

「独立?そんなのできるわけないじゃない?」

 

という周りの声にびびり、とりあえずWEBの企業で修行をしようという言い訳のもと、転職をします。

 

そこでは、今まで就業してきた企業とは違い、ベンチャー気質満開のイケイケの企業で、全員が若く、個人事業主のような動きをしていました。

 

WEBの知識がないので修行のためと思って入社したにもかかわらず、誰も何も教えてくれない・・

しかも、先輩だからといって5つも6つも年下の子が、あごで使ってくるような、礼儀のなさ。

この会社は芸人と一緒のシステムですか?て感じでした。

 

なら、もう自分でやるしかない!

 

と、ようやく30歳を過ぎて決断をしました。

 

ちなみに、僕には嫁と子供がいます。

 

普通に考えたら、ありえないですよね?

 

当然、嫁からは猛反対がありました。

 

これが俗に言う「嫁ブロック」ですね。

 

 

嫁ブロックを克服するには、結局、結果で示すしかないんですよね。

 

当然、結果は実行した後でないと出ないので、完全克服は無理です。

 

フリーという未知の領域なのに、どうやって結果が予想できますか?

 

けど、僕にはこれしかないんだと!

 

強い気持ちをもって、何度も何度も何度も妻を説得し、なんとかかなり妥協に近い納得をもらっています。

 

その気持ちの出どころは、「人生は一度きり、後悔の無い人生にしたい」という根本の想いからです。

 

妻、子供には悪いんですが、家族の人生の前に、「自分の人生」なんです。

 

まず自分が納得しないとダメなんです。

家族も自分が悲しむより楽しくした方が、喜ぶじゃないですか。

 

自分の後悔の無い人生のための条件は次の通りです。(抜粋)

・自分の生み出した価値が妥当な報酬として戻ってくる

(妥当とは「三方良し」の考え、会社におんぶにだっこしない)

・自分の好きな環境で働く

(無駄な通勤は不要、堅苦しいスーツも不要、好きな音楽、コーヒーなど自分で用意)

・家族との時間を作る

(平日に旅行にいけたり、子供の教育に力いれたり、父親が子供との触れあう時間が50分を下回ると子供の成績が悪くなるらしい。)

 

また、少子高齢化の加速で、今後年金などの社会保障で老後を過ごすのも難しくなってきます。

これからは個人で稼ぐという考えが必要なのはなんとなく感じますよね?

 

妻も会社員なのですが、「いつまで続けるの?」「そもそもその仕事好き?」と質問すると、「実は他にしたい夢がある」と話がでてきました。

 

その時はとてもうれしかったです!もちろん僕はその夢を応援します。

 

世の中のサラリーマンの方々もほとんどそうなんじゃないでしょうか?

 

自分が何をやりたいか?

後悔しない人生を送っているのか?

 

という質問にきちんと答えれる大人って少ないと思います。

 

自己分析って難しいんですよね。

 

よくあるのが、好きなもの100個あげる。得意なもの100個あげる。とか。

だいたい10個、20個が限界じゃないですか?

 

もちろん、本当に好きなもの、得意なものって最終的には数個に絞られるわけですが。

 

自分は、このクリスさんの動画がとても参考になりました。

www.youtube.com

 

よく、

「好きなことで生きていく」

とかいうフレーズ聞きますが、これを実現するまで、プロセスがあります。

それを知るのに、非常に参考になると思います。

 

クリスさんを見てると動画の先からパワーが伝わってくる感じがします。

 

パワーっていっても、スピリチュアルとか宗教とかじゃないですよ。

僕は、そういった類は信じないので。

初詣で神社にはいきますが。だからといって仏教徒というわけではないですよね。

 

そのパワーというのは、熱量のことです。

ユーザーのことを本気で思って、本気でよくしたいと思ってるんだろうな。

というのが画面から伝わってくる。

つまり、熱い男。熱盛ですね!

 

 

さて、話に戻ると、

もちろん、自分の身勝手な行動で、家族の生活崩壊させてもいいという訳でもないです。

 

何もしなくても、年金、保険料、税金、家賃、光熱費、携帯代・・色々かかってきますからね。

 

だから、計画をして、ある程度結果を予測することは必要だと思います。

 

 収入を得る方法を検討した結果

脱サラすると、会社の偉大さに気づかされた部分があります。

それが、貸与されるパソコン、携帯、備品、デスクなど、業務遂行する上で必要なものはほとんど会社が用意してくれてたことに気づきます。

 

個人でやろうとすると、全てが自分で用意することになります。

 

脱サラして、カフェをする、飲食店をする、となると、店舗を借りる、食材を仕入れる、食器を購入する、500万、1000万くらいの元手が必要ですよね?

 

そして、その資金調達の準備、不動産との契約などの手間。

 

そして、何より収益を左右するのは、「食べログの評価」であったり、自社サイトからの流入であったり、インターネットの攻略が鍵を握っている。

 

結局、

・元手がかからない

・場所を選らばない

・簡単に始められる

→インターネットでのビジネスしかない!

 

これらの条件を満たすビジネスといえば、インターネットしかないんです。

さらには、店舗であろうが何であろうが、スマホの普及率に沿うようにインターネットユーザーがどんどん増えてきている。

高齢者の中には疎い人もいるけど、若い人はそれほどITに関して抵抗がないので、これから時代が進むにつれて、もっとインターネットが普及する。

 

今やAIスピーカーでamazonで注文ができちゃう。

amazonは急成長で、appleの時価総額に並んだそうですが、これもネットサービスの充実がその要因なのは明らかです。

 

トップYOUTUBERの収入は、億超え。

 

あ、ブロガーも、今や億超えですね!

 

eスポーツでは、賞金1億円以上稼ぐ人がでてきて、オリンピック競技にもなろうとしている。

そういえば、ウイイレ最近やってないな~。

ぶっ通しで6時間とか試合してた日が懐かしいな~w

 

日本でITの先駆者といえば、この人ですよね。

堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) | Twitter

 

近畿大学の卒業生向けのスピーチは心うたれます。

youtu.be

 

これからは個人が情報を発信していく時代なんだと。

とても熱く語られています。

熱盛です。

 

Googleは、このネットの発達は、人類のできて3回目の社会インパクトだと説明しています。

・第1インパクト 文字の発明

・第2インパクト 活版印刷の実用化

・第3インパクト コンピュータ・インターネットの発明

www.youtube.com

 

 

インターネットでどうやって稼ぐか

なるほど、インターネットの活用が活発になっている。

スマホは今や生活になくてはならないもの。

自分もやった方がいいな。

 

では、具体的にインターネットをどのように活用して、収益にまでつなげればいいのか。マネタイズすればいいのか。

 

これは、たくさんの先駆者たちがインターネット上でその方法を公開してくださっています。

 

ただ、自分の好みにあう情報もあれば違うものもある。

また、公開しているけど、みんなボランティアでやってるわけじゃないので、コアな部分は有料だったりする。

 

有料の場合、正直、値段以下の内容の薄いものを購入してしまったりするとショックなので、今一手が出ませんよね。

そうでなくても単に最初っからお金をかけるのはどうなのか。

 

でも、お金に余裕があれば、有料の情報の方がいいです!

ただ、その時に気をつけてほしいのは、信頼のある人から買うようにしましょう!

そうでないと、内容が薄かったり、自分には不要だったりすると、投資金がもったいなくなってしまうので。

 

信頼のある人は、無料の情報もかなり密度がこい情報を公開してくれています。

なので、初めから有料に手を出す必要はないと思います。

 

ただ、無料の情報はそんなにまとめられていないので、まとめるという時間が必要です。

この人のここはいいけど、あそこはあの人の方が正確な情報だな~とか。

 

これからインターネットでビジネスをするにあたって、その情報をつなぎあわせ、さらに僕が補った部分をプラスアルファした濃い情報をお届けしていきます。

 

インターネットでどうやって稼ぐか?

すいません、結局、これについて具体的に話してないですね。

 

答えは、ブログで自分の情報を発信することで、広告収入、紹介料などの報酬を得ることです。

これが一番とっかかりやすく、元手がかからない方法だと結論づけて、今まさに実践しています。

発展途上だからこそ、どんなことを悩んで、どうやって解決したのか、というのがリアルに伝わりますよね?

 

実は元手がかからないといっても、パソコンかったり、人によっては場所を借りたり、最低限のものはかかります。

それから、広告収入、紹介料って具体的になんなのか。

次回は、そこのところについて語っていきますのでお楽しみに!

 

以上、30代で脱サラ&嫁ブロックを回避して僕がブログを始めた理由でした。